本田宗一郎の名言 格言

☆★….☆★….☆★….☆★….☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
本田宗一郎の名言 格言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

本田宗一郎のプロフィール・経歴・略歴(ネットより引用)

本田宗一郎、ほんだ・そういちろう。日本の経営者。自動車メーカーホンダの創業者。高等小学校卒業後、自動車修理工場のアート商会に丁稚奉公として入り、6年の勤務ののちのれん分けを受け、故郷の浜松で独立。その後、本田技研工業株式会社を設立し二輪車の研究をスタートさせる。ホンダを世界的企業へと育て上げた。

 

 

日本一になるなどと思うな。世界一になるんだ。
【覚書き|ホンダが東京に進出したとき社員に向かって言った言葉】

 

 

 

企業で一番怖いのは社長の無知です。

問題は持っている知恵が古くなることです。

そうすると、過去がどんなに偉かった経営者でも、

会社をつぶすことになります。

 

 

 

通産省に言われたことと全部反対のことをやってきた。

だから、ホンダの今日がある。

 

 

 

私の最大の光栄は、一度も失敗しないことではなく、

倒れるごとに起きるところにある。

 

 

 

資本がないから事業が思わしくないとの声をよく聞くが、

それは資本がないからではなく、

アイデアがないからである。

 

 

 

私はうちの会社のみんなに、

「自分が幸福になるように働け」っていつもいってるんですよ。

会社のためでなく、自分のために働けって。

 

 

 

発明は恋愛と同じです。

苦しいと思えば苦しい。

楽しいと思えばこれほど楽しいことはありません。

 

 

私の現在が成功と言うなら、

私の過去はみんな、

失敗が土台作りしていることにある。

仕事は全部失敗の連続である。

 

 

 

 

何かを深く信じれば、

誰でも自分の中に大きな力を見つけだし

自分を乗り越えることができる。

 

 

 

身のまわりにいくらでも転がっている幸福から、

自分のものを選び出し、それを最高のものに高めることだね

。時間だけは神様が平等に与えて下さった。

これをいかに有効に使うかはその人の才覚であって、

うまく利用した人がこの世の中の成功者なんだ。

 

 

 

人を動かすことのできる人は、他人の気持ちになれる人である。

そのかわり、他人の気持ちになれる人というのは自分が悩む。

自分が悩んだことのない人は、まず人を動かすことはできない。

拝む心がなければ人は動かない。つねに素直に。

 

 

人生は『見たり』『聞いたり』『試したり』の3つの知恵でまとまっているが、

多くの人は『見たり』『聞いたり』ばかりで

一番重要な『試したり』をほとんどしない。

ありふれたことだが失敗と成功は裏腹になっている。

みんな失敗を恐れるから成功のチャンスも少ない。

 

 

 

 

勇気というのは強いからとか、

勇ましいから勇気があるというのではない。

たとえ、自分にとってどんなに不利な結果になろうとも

自分が真実であり、

妥当であると考えたことを認め、

それに賛成することこそが勇気である。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です