タグアーカイブ | マインド、マザーテレサ

マザー・テレサの名言 格言

☆★….☆★….☆★….☆★….☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
マザー・テレサの名言 格言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

マザー・テレサのプロフィール・経歴・略歴

マザー・テレサ。アグネサ/アンティゴナ・ゴンジャ・ボヤジ。アグネス・ゴンジャ・ボヤジュ。オスマン帝国領コソボ州ユスキュプ(のちのマケドニア・スコピエ)出身のカトリック教会修道女。幼少期からインドで修道女として働くことを夢見る。18歳でアイルランド系修道会のロレト修道女会に入り、カルカッタへ赴任。カルカッタ聖マリア学院地理教師、校長などを務めたのち、現地の貧しき人々のために働きはじめる。修道会「神の愛の宣教者会」を設立。「死を待つ人々の家」を開設し、ホスピスや児童養護施設として運営し、貧しき人々のために一生を捧げた。ノーベル平和賞、ヨハネ23世教皇平和賞、ジョン・F・ケネディ賞、アルベルト・シュバイツァー賞、そのほか多くの賞を得た。

 

 

 

すぐにお国にお帰りなさい。

家に帰って家族を大切にしなさい。
【覚え書き|「世界平和のために私たちは何をしたらいいですか」という問いに対する返答】

 

 

 

 

このお金でいくつのパンが買えますか?
【覚え書き|ノーベル平和賞授賞時の発言】

 

 

 

私たちは皆、神の楽園に憧れています。

でもじつは私たちは、

いま置かれたところで楽園を味わうことができるのです。

 

 

 

人々は与えることを学ばなければなりません。

でも、与えることを義務と考えるのではなく、

与えることを願いとすることが大切です。

 

 

他人をとがめる資格が私たちにあるのでしょうか。

確かに正しくないと思うことをしている人たちがいます。

でも、なぜそうしているかという理由はわかりません。

イエスは、人を裁くなと言われました。

もしかしたら、他人の誤った行いの責任は、

私たちにあるのかもしれないのです。

皆、私たちの兄弟姉妹であることを忘れないでいましょう。

非難する前に、

自分の心の中を見つめる義務が私たち一人一人にあります。

 

 

 

大切なことは、たくさんのことを成し遂げることでも、

何もかもをすることでもありません。

大切なことは、

いつでも何に対しても喜んでする気持ちがあるかどうかなのです。

貧しい人々に奉仕しているとき、

私たちは神に仕えているのだ確信していることなのです。

 

 

 

 

苦しみが私たちの生活に訪れてくるとき、

微笑みをもって受け入れましょう。

神が送りたまうすべてを微笑みながら受け入れる勇気は、

神からの最も偉大な賜物といえます。

 

 

 

 

もしも私たちが謙遜ならば、

褒められようと、けなされようと気にしません。

もし誰かがあなたを非難しても、がっかりすることはありません。

反対に誰かがあなたを褒めてくれたとしても、

それで自分が偉くなったように思う必要もありません。

 

 

 

平和も戦争も家庭から始まります。

もし本当に世界平和を願っているなら、

まず自分の家が相互に愛し合うことから始めていきましょう。

もし、喜びを広げていきたいなら、

まず、ひとつひとつの家族が喜びをもって生活することが必要なのです。

 

 

 

パンがなくて死ぬ人が数えきれないほどいます。

そして同時に、数えきれないほど多くの人々が、

ちょっとでいいからその存在を認めて欲しいと願いながら、

わずかばかりの愛すら与えられないがゆえに、

生きる勇気を失っています。

 

 

 

 

目的を達成しようとするとき、

邪魔をする人に出会うでしょう。

ですが、気にすることなく、やり遂げなさい。

 

 

 

いま、この瞬間、幸せでいましょう。

それで十分です。

その瞬間、瞬間が私たちの求めているものすべてであって、

ほかには何もいらないのです。

いま、幸せであるように努めましょう。

 

 

 

この世界は食べ物に対する飢餓よりも

愛や感謝に対する飢餓の方が大きいのです。

 

 

 

愛されることより、

愛することを。

理解されることより、

理解することを大切にしなさい。

 

 

 

貧困をつくるのは神ではなく、

私たち人間です。

なぜなら私たちが分かち合わないからです。

 

 

 

どんなに小さいことであっても、

大いなる愛を込めて行うことは、人に喜びを与えます。

そして、人の心に平和をもたらします。

何をするかが問題ではなく、

どれほどの愛をそこへ注ぎ込むことができるのか、

それが重要なのです。

 

 

 

他人を、あなたより貧しい人も含めて、

愛しているのだということを、行動によって示すことで、

彼らを幸せにすることができます。

たくさんのものが必要なわけではありません。

ただ、微笑みかけてあげるだけでいいのです。

 

 

 

あなたの正直さと誠実さが、

あなたを傷つけるでしょう。

ですが、気にすることなく正直で誠実であり続けなさい。

 

 

 

夜の10時ころだったでしょうか。

ドアのベルが鳴りました。

私がドアを開けると、一人の男の人が寒さに震えて立っていました。

「マザー・テレサ、あなたが大きな賞(ノーベル平和賞)を受賞なさったと聞いたとき、

私もわずかですが何か差し上げたいと思い立ちました。

これが今日私がもらったすべてです。

何卒、お受け取り下さい」それは確かにわずかでした。

でも、彼の持ち物すべてだったのです。

それは、私にとってノーベル賞以上の感動を与えてくれました。

 

 

 

インドでは、貧しい人々はわずかのお米を他人から受けることで満足し、

幸せになれるのです。

一方、ヨーロッパの貧しい人々は、

自分の貧しさを受け入れることができずにいるので、

その多くにとって貧しさは失望の源でしかないのです。