タグアーカイブ | マインド、松下幸之助、松下電器

松下幸之助の名言 格言

☆★….☆★….☆★….☆★….☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
松下幸之助の名言 格言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

松下幸之助のプロフィール・経歴・略歴(ネットより引用)

松下幸之助、まつした・こうのすけ。日本の経営者。松下電器産業(現:パナソニック)の創業者。9歳の時に父が米相場で破産したため尋常小学校を4年で中退し丁稚奉公に出る。16歳で大阪電燈(現:関西電力)に入社し7年間勤務。在職中に電球ソケットを考案した。その後同社を退社し独立。水道哲学、ダム式経営など独特な経営哲学で同社を日本屈指のグループ企業へと育て上げた。松下政経塾、PHP研究所の設立者でもある。

 

 

 

大切なことは、うろたえないことである。

慌てないことである。

 

 

 

他人の道に心を奪われ、

思案にくれて立ちすくんでいても、道は少しもひらけない。

道をひらくためには、まず歩まねばならぬ。

心を定め、懸命に歩まねばならぬ。

 

 

 

 

自分には自分に与えられた道がある。

天与の尊い道がある。

どんな道かは知らないが、

ほかの人には歩めない。

 

 

 

 

心配またよし。

心配や憂いは新しくものを考え出すひとつの転機ではないか。

 

 

 

 

なんとしても二階へ上がりたい。

どうしても二階へ上がろう。

この熱意がハシゴを思いつかせ、階段をつくり上げる。

上がっても上がらなくてもと考えている人の頭からは、

決してハシゴは生まれない。

 

 

 

 

商売というものは、損したり儲けたりしながら成功するという考え方もあるが、

それは誤りだ。

商売は真剣勝負と同じで、切られているうちに成功することはあり得ない。

やればやっただけ成功するものでなければならぬ。

上手くいかないのは運でも何でもない。

経営の進め方が当を得ていないからだ。

だから確たる信念を持っている人は、

不景気のときほど儲けるではないか。

 

 

 

 

激しい競争の中にあっても、

松下電器は単に競争そのものにとらわれず、

常に何が正しいかを考えて淡々としてその道を進んでいかなければならない。

それは非常に難しいことだが、

我々の本来持つ尊い使命を正しく遂行していけば、自ずからできる、

必ず知恵才覚も刻々と湧いてきて、

個々の困難に対処する力も出てくるということを私は信じていた。

 

 

 

「これは背水の陣を敷くことだ。製品の真価を知ってもらうために小売屋に無料で配ろう」と決心した。

まず3人の外交員を雇い、資本の続く限り、

大阪中の小売屋に2、3個のランプをおいて回り、

うち一個はその際点火して「30時間以上もちます。品物に信用が置けるようになったら売ってください。

その後安心が出来たら代金を払ってください」といって歩かせた。

松下電器の運命をかけた販売だった。

2、3か月すると小売屋から電話や葉書で注文が来るようになった。
【覚書き|自転車用電池ランプを販売したときを振り返っての発言。

最初はまったく売れず、上記の営業法がきっかけで大量に売れるようになった】