タグアーカイブ | マインド、柳井正、ファーストリテイリング、ユニクロ

柳井正の名言 格言

☆★….☆★….☆★….☆★….☆★
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
柳井正の名言 格言
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

 

柳井正のプロフィール・経歴・略歴(ネットより引用)

柳井正、やない・ただし。日本の経営者。カジュアル衣料のユニクロを展開する「ファーストリテイリング」社長・会長。早稲田大学政経学部経済学科卒業後、父が経営する小郡商事(のちのファーストリテイリング)に入社。父から経営を引き継ぎ、同社を大きく成長させた。

 

 

一直線に成功ということはほとんどありえないと思う。

成功の陰には必ず失敗がある

 

 

 

自分には必ずいいところがあると信じて、

どんな境遇でもやっていくことが大切です。

 

 

 

日本には人、モノ、カネ、インフラのすべてが揃っています。

やる気さえあれば、日本は最高の立地と言える。

チャンスはたくさんある。

 

 

 

チームの先頭に立ってビジョンを示し、

問題があったら真っ先に飛び込む。

経営者がまず変わるべきです。

 

 

 

去年と今年を変えない限り、

会社は潰れると思って欲しい。

 

 

 

お客様はシビアです。

商品と自分のお金を交換するわけだから、

お金にふさわしい価値があるかないかを瞬時に見ぬきます。

ですから、絶対に騙すことはできません。

もし、お客様を騙そうとすれば必ず大きなしっぺ返しに遭います。

 

 

 

寛容性や他人への共感がないとビジネスの現場は回っていきません。

いろいろな人に会って、いろいろな考え方を知る。

いろいろな現象を分析する能力がなければ経営はできません。

 

 

 

「わかる」ということは身にしみることです。

自分で体験して、これが原理原則なんだなと実感しない限り、

その後の行動指針にはなりません。

本で読んだり、他人に聞いても、本当の意味はわかるものじゃない。

僕は「知った」ではなく「わかって」よかったと思っています。

 

 

 

経営書を読むとき、漠然と活字を追っているわけではなく、

読みながらこの会社を自分が経営していたらどうする、

と登場する経営者を自らに置き換えて考える。

著者が書いたことと自分の想像を突き合わせながらページをめくっています。

そうしないと本を読んだという気がしない。

 

 

 

会社のオーナーは一人の後継者をつくるだけではいけない。

社内に経営者のチームを育てなければならない。

組織や仕組みで会社が成長を続けていけるようにする。

一人の優秀な経営者を待ち望むよりも、

組織自体を確実にする方が正しいように思います。

 

 

 

意見を自由に言える社風は大切です。

僕はいつも言うのだけれど、

社長の指示した通りに現場の社員が実行するような会社は間違いなくつぶれます。

現場の人間が「社長、それは違います」と言えるような会社にしておかないと

知らず知らずのうちに誤った方向に進んでしまいます。

ただし、現場の社員は社長が本質的に何を指示しているのかを理解しておくこと。

それを現場の判断で組み替えていくのが仕事なんです。

 

 

 

 

レイ・クロックのことを知ったのは一冊の本からです。

大学を出て、宇部に戻り、父親が設立した衣料品の会社に勤めていたころでした。

ある本の中にレイ・クロックの印象的な言葉が載っていて

「Be daring(勇気を持って)Be first(誰よりも先に)Be different(人と違ったことをする)」。

これこそ商売の真髄だと思って、

手帳に書き写したのを覚えています。

 

 

 

 

私たちが売っている商品はベーシックカジュアルです。

流行に左右されない美的な服のことで、

お客様が選んで、好きなように着こなすことができる。

そして、そういった服ならば国境も問わないし、年齢にも左右されることはない。

あらゆる人が買うことができる。

私たちが対象にしているマーケットは流行の服よりも

はるかに大きなものです。

 

 

 

 

私は若い人に対して説教をするつもりはない。

希望を持て、自分で自分の希望をつくれと言っているのです。

私だって若いころはフリーターだったし、

縁故入社で入った会社をすぐに辞めてしまって、ダメなやつと思われていた。

将来のことなんて何も考えていなかった。

他人に説教する資格なんてありません。

ただ、仕事を通して研鑽を積んでいくうちに、

仕事が面白くなって、一人前の社会人になることができた。

私を育ててくれたのは仕事であり、社会です。

 

 

 

経営者として先頭に立つ。

従業員、社会に向けて、第一声を発する。

現実を直視して、受け止める。

自分たちに過酷な現実であっても、受け止めて、何らかの言葉を出す。

従業員を意気消沈させないように

「いまは厳しい状況かもしれないが、いずれはこうしていく」と伝える。

危機、災害は必ずやってきます。

平時のうちに準備をして、パニックを起こさず、

淡々とやっていく。

危機の時代に必要なのは平時における準備です。